hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Christmas Cookin'」Jimmy Smith

クリスマス・クッキン
気を取り直してクリスマスアルバム第2弾。クリスマスと言ったら教会→ゴスペル→オルガンの三段活用でJimmy Smithですw 実際、元々ハモンドオルガンはパイプオルガンの入れられない(購入できない)小さな教会や黒人教会の為に作られたというのもありますし、あながち強引でもないはず?
本作はジミー・スミスのVerve移籍後の作品で、名盤「The Cat」と同時期の'64年のレコーディング。ビッグバンドオーケストラをバックにしたものと、オルガントリオ編成の2本立てで収録されています。トリオのギターはクウェンティン・ウォーレン、CD化に際してボーナストラックとして、ウェス・モンゴメリケニー・バレル参加の2曲が収録されています。
オルガンでクリスマスソングというと厳かなムードを想像してしまいますが、そこはオルガンジャズの王様、いつも通りのご機嫌でソウルフルなファンキージャズを聴かせてくれています。ジミー・スミスの手にかかれば「White Christmas」や「きよしこの夜」も、アルバムタイトルの通り、カラフルで楽しいジャズクリスマスに料理されてしいます。1曲目ではビッグバンドと共に演奏された「友に喜び過ごせ」が、最期にトリオバージョンとして再演されている構成もナイスです。ボーナストラックの「グリーンスリーブス」のアレンジは流石ジミーと言った所で目から鱗。