hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Solo: Improvisations for Expanded Piano」Lyle Mays

Solo: Improvisations for Expanded Piano
未だ興奮醒めやらぬヲタのクールダウンにこの1枚。
2000年発表のLyle Maysのソロアルバムです。Lyleのソロ名義のアルバムは、これまで4枚出ているのですが、その中でも少し特殊な1枚と言えるでしょう。全編がYamahaのDisklavierというMIDIグランドピアノで録音され、グランドピアノの生音を録音したものに加えて、同時に録音(記録)されたMIDIデータに、後からシンセを割り当てたり、SEをトリガーさせて組み上げた作品となっています。ちなみに録音時にもライルはシンセを同時に鳴らしながら(ボリュームペダルも使い)重ねて録音したようですが、その音はアルバム中には収録されずに、全体の仕上がりを予想する為のもの、また後からダビングするシンセのガイドとして使われたようです。(発売当時のKBマガジンより)
楽曲の大半が即興曲となっていますが、所謂ジャズピアニストにありがちなピアノ即興とはひと味違う、水晶のように澄み切ったピアノと、独特の色彩感を感じさせるLyle Maysワールドを、ピアノ+シンセという、これぞLyle Maysのコアとも言える楽器によってふんだんに表現されています
ソロピアノというとキース・ジャレットの作品の数々が思い浮かびますが、キースに強い影響を受けてるというLyleですが、その作り上げる世界がまったく別のものとなっている所は、彼ならではのオリジナリティであり、そしてリスペクトなのでしょう。
ラストの「Long Life」(即興では無いようです)は、非常に美しい曲ですが、Lyle曰くキーボードだけのバンドアンサンブル的なものの再現を考え、Fender Rhodesトレモロのリズムをドラムに見立てたとのこと。残念ながら未だに僕にはよく理解できていないのですがw、大きなうねりのなかに浸りながら美しいメロディに身を委ねる心地良さは、感覚で充分に味わうことが出来ます。