hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Holy : Musical Christmas from the Vatican」

Holy~ザ・ベスト・オブ・ヴァチカン・クリスマスコンサート~
ローマ郊外に50カ所の教会を造る資金を集める目的で、1993年から開催されたヴァチカン・クリスマス・コンサート。その最期の3年間、1998〜2000年にかけてのコンサートをダイジェストにしてCD化したのが本作です。今年惜しくもこの世を去ったローマ教皇、故ヨハネ・パウロ2世の元にアメリカ、カナダ、ヨーロッパから実に素晴らしいミュージシャン達が集まっています。その顔ぶれは一部を挙げただけでもSarah Brightman、Filippa Giordano、Mahattan Transfer、Dionne Warwick、Gino Vanneli、Randy CrawfordBryan Adams、、、どうでしょう。もう僕が何も語る必要はありませんねw クラシック、ジャズ、ポップス、ロック… ジャンルの枠を超えた最高のアーティスト達が集い、イエス・キリストを祝う生誕祭、舞台はカトリックの総本山である聖地ヴァチカン、これは世界最高峰のクリスマスコンサートと言っても過言では無いでしょう。収録曲はお馴染みの曲ばかりなので、誰が聴いても楽しめることかと思います。
さて、このアルバムには一部収録曲の異なる同タイトルのDVDもあり、そちらにはCharlotte Churchの姿なども収められているのですが、CDにだけ収録されたアーティストの中に、うちのサイト的に触れない訳にはいかない名前があります。12曲目で「心の響き」を披露しているキャリア30年のベテランバンド、地元イタリア代表のI Poo(イ・プー)です。日本ではプログレバンドとしても認知されてる彼らですが、本国ではクラシカルな一面や美しいメロディが持ち味のポップグループとして人気が高いようです(歴史の長いバンドだけに、時期によってやってる音楽もかなり幅が広いようですが)。このコンサートでも彼らの持ち味でもあるシンフォニックなアレンジとヴォーカルアンサンブルの美しさが渾然一体となり、壮大で感動的な音世界を紡ぎ上げています。
ライブ録音ということで一部録音状態が良くないテイクもありますが、そんなことが気にならないぐらいのパフォーマンスの数々。カトリック教徒でない我々も年に一度ぐらいはこの素晴らしい音楽に触れて、厳かな気分に浸ってみるのも悪くないでしょう。最期のBryan Adamsはノリノリですけどねw