hello! progress!!

音楽ネタはここで書いてます

おっさんバンドがライブアイドルの聖誕祭ライブに父兄枠で参加したらとても楽しかった話

もうかれこれ2週間前のことですが、久々に所属するバンドでライブ出演しました。

f:id:OKP:20191216171857j:plain

バンドの話はメインブログの方でたまに書いてたのですが、たまにはこちらのブログも更新しようかなと…… というか今後はこっちで書きます、たぶん。
バンド カテゴリーの記事一覧 - I AM A DOG

改めて私がやってるバンドについて。Dream Theaterというアメリカのメタルバンド(プログレメタルとか言われたりもしてる)のコピーバンドです。私が高校生の頃に発売された『Images & Words』という世間では名盤と言われてるアルバムがあって、当時はかなり難しくて一部の曲しかコピーできなかったのですが、その頃に挑戦して挫折したメンバー達(私以外は2〜4歳上)がある切っ掛けで再集結した感じのバンド(今でもそれほど上手くはない)。

Images and Words

Images and Words

  • 発売日: 1992/06/30
  • メディア: MP3 ダウンロード

結成してから既に10年ぐらいになりますが、頻繁に活動している訳ではないので、演奏レパートリーは10曲しかありませんし、覚えた曲も歳のせいか数ヶ月でリセットされてしまうので、年1回ペースで行われるライブのたびに3〜4曲を一生懸命思い出している感じ。

このDream Theaterというバンド、70年代のプログレッシブロック(私がとても好きな音楽)から影響を受けていることもあって1曲が長くてレパートリーの殆どが9〜13分ぐらいあったりします。なのでライブではいつもよくて4曲ぐらいしか演奏できません。
ちなみに前回のライブは去年の6月なので1年半ぶりのライブ出演です。

普段は同じような社会人の趣味バンドが集まった発表会のようなライブに出演することが多いのですが(お客さんは友達や家族、関係者ばかりの)今回はかなりイレギュラー。いわゆるライブアイドル(地下アイドル/インディーズアイドル)イベントへの出演です!?

f:id:OKP:20191216171925j:plain

会場は目黒にある鹿鳴館という老舗のライブハウス。我々の世代にはジャパメタやV系バンドの聖地としてもお馴染みですが、最近はライブアイドルのライブにも力を入れているのだとか(初期のBABYMETALも鹿鳴館でライブを行ってましたっけ)。

f:id:OKP:20191216171935j:plain

そんな鹿鳴館を根城に毎週定期公演を行っている「姫事絶対値」というライブアイドルのグループがいるのですが、そのグループのセンターがなんと私の所属するメタルバンドのメンバーの娘さん……(笑) バンド好きな娘さんがいて、仲の良い親子らしいということは以前から聞いていたのですが、まさかアイドルをやってるとは思わなかった。というか我々はもうそんな大きな子供がいておかしくない歳なのか……。

バンド名には色々な経緯があって(どうでもいい話なので省きますが)今回のライブよりPAPADETH(パパデス)。DETHの部分は元々MEGADETHから拝借してるので(METADETH→MADADETH→PAPADETH)、綴りはこれでオッケー。

本当にアイドルやってますね(ファンの方のTwitterより)。美少女さんや!

でもってその姫事絶対値のゆうらちゃんの生誕イベントにパパのバンドが出演することになったのは、グループのプロデューサーが元バンドマンで、保護者とプロデューサーの関係から色々とあって、今回の出演オファーがあったらしいと。完全に悪ノリだ(笑)
今までジャズやポップスなどジャンル違いの対バンは多々ありましたが、アイドルは初めてだなぁ…… でも面白そう!と前向きにメンバー全員一致で参加決定。

ちなみに、以前ハロプロ系のコピーバンドを一緒に組んでいた現役ライブアイドルのイベントで(バックの)バンド演奏したことがあったなと……。ライブアイドルを見るのもそれ以来ですし、いくつかのグループにはプロのバックバンドが入るそうなのでそれも楽しみ。

そうそう、我々のバンドはボーカルが青森に住んでいるので、ライブ当日までは楽器隊のみで練習を続けて、本番当日の朝にリハをしてライブに望むスタイル。今回も前日夜入りでボーカルさんが東京入り。朝9時から目黒のスタジオでリハを行いました。

この日のイベントは午後15時から21時近くまで、全10グループが出演というかなりのお祭り(聖誕祭イベントだからしい)。バンドセットのみリハ時間があって昼頃に鹿鳴館入り。主催グループの保護者バンドということでは(?)楽屋は鹿鳴館の事務所という謎の待遇を受けつつリハーサルへ。やはり老舗の有名ライブハウス、中音がかつてないぐらいに良い。とりあえず本番前に演奏は絶頂を迎えておく(お約束)。

f:id:OKP:20191216171950j:plainf:id:OKP:20191216171954j:plain
目黒といったら野方ホープでランチ(鹿鳴館の隣なので)

本番スタートから出番までは3時間以上あるので、他のアイドルさんたちを見て過ごす。
自分が聴いたことのあるかつてのライブアイドルって、メジャーほど音がこなれてなかったり、バンドサウンドにしても一昔前のけいおん!が流行っていた頃のようなシンプルなパワーポップ系が多かった印象ですが、今はこれがもう全然多彩。サウンドクオリティも高いし、メジャーとなんら変わらないキャッチーな曲がゴロゴロとあります。

f:id:OKP:20191216171834j:plainf:id:OKP:20191216171839j:plain

この日は特にロック系のグループが多かったようですが、正直我々がやってるようなメタルよりも全然音数も多いし、自分たちでは絶対に演奏できないような激しい音楽が続きます(笑)(キャッチー目のメロディでバックがメタルコアみたいな?)

f:id:OKP:20191216171844j:plainf:id:OKP:20191216171848j:plain

でもって我々の本番スタート。主催グループかつ聖誕祭メンバーの身内バンドということで、超絶アウェアな場ではありながら暖かく迎えていただきました。開演前はパパの挨拶「いつも娘がお世話になってます」からスタートしました(笑)

f:id:OKP:20191216171853j:plain

演奏するのはメタルの中でもノリが悪いタイプの音楽で、変拍子があったり間奏が5分ぐらいあったりとかなりノリずらい音楽ではありますが、そこはどんなサウンドにも可及的速やかに対応するドルヲタの皆さまの力添えにより、無事持ち時間を完走しました。

アイドルファンの方が平均年齢47歳のおっさんバンドをかっこよく撮ってくださったので貼っておきます。顔出ししてるけど、これなら普段と全然違うから大丈夫だ(笑)

本編のトリを飾った姫事絶対値ゆうらちゃん生誕イベントはなかなかエモい展開などもあったりして大成功。メンバーカラーのサイリウム祭り的なものもあって、私も久しぶりピンクのサイリウムを振りました。美勇伝の解散最終公演以来かな?(笑)

f:id:OKP:20191216171914j:plain
f:id:OKP:20191216171919j:plain
f:id:OKP:20191216171905j:plain

終演後のチェキ会も盛り上がっていて、なぜかパパのチェキ会も開催されていました(笑)

私自身も数年前まではハロプロアイドル大好きだった側なので、ステージ上の各グループを見るのも楽しかったですし、ライブアイドルのファンの皆さんや応援のスタイルにも興味津々……。ステージ中はかなり過激な応援(ダイブやリフトなど)もあるのですが、逆に演者とファンの距離が近いからなのか、ファン側の一線を引いたようなマナーもあったりして、少し前にNHKで放送されたドラマ「だから私は推しました」で描かれていた世界は結構現実に近いのだなーと思ったりなども。

f:id:OKP:20191216171909j:plain

ちなみに彼女たち、翌日は大阪でライブ出演。その翌日は再び鹿鳴館で定期公演だったそう…… 結成から2年でライブ本数は700本を超えているらしく、それを聞いて「アルフィーだ……」「アルフィーだ……」とざわつくおっさんバンドメンバー(例えが古い)。

さっきから同じファンの方が撮った写真のツイートばかり貼ってますが、さすがいつも見てるだけあって魅力を伝えるのが上手いですね。姫事絶対値、ほぼ毎週月曜日に目黒鹿鳴館にて定期公演を行っているようなので、興味がありましたらぜひ!
メンバーみなさん、とてもかわいくて礼儀正しいいい子たちばかりです(保護者目線)。




Black±0

Black±0

  • アーティスト:姫事絶対値
  • 出版社/メーカー: BODY COUNT
  • 発売日: 2018/03/28
  • メディア: CD
White±0

White±0

  • アーティスト:姫事絶対値
  • 出版社/メーカー: BODY COUNT
  • 発売日: 2018/03/28
  • メディア: CD