hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Good To Be Bad」Whitesnake

グッド・トゥ・ビー・バッド

グッド・トゥ・ビー・バッド

先月発売されたWhitesnake11年降りのニューアルバム。前作「Restless Heart」は実質David Coverdaleのソロ作的な色が強かったので「Slip of the Tongue」から数えると19年降りだとか…。
既に巷では概ね絶賛ムードで受け入れられているようですが、確かに多くのリスナーが求めているであろう、WSの最大公約数的なサウンドに仕上がっていると思います。初期WSの持っていたハードなブルーズロックのテイストと、Slide It In〜サーペンス以降のメタル路線のさじ加減も絶妙ですし、巧者Dougのギタープレイと、ベテランとしての渋みも増し調子も良さそうなDavid Coverdaleのボーカルは、HRの持つパワフルな格好良さをストレートに伝えてくれます。(どこかで聴いたようなリフや展開が多々登場するのはご愛嬌w) 個人的にはもっとDougのエッジの効いた、16絡みのリズムプレイを聴きたかったのもありますが…。
最初、何度か聴いたときは、あまりに予定調和なサウンドに聴こえ、あまりピンと来なかったのですが、改めて聴き直したらやっぱり格好いいね。素直じゃないね、俺w グレイテストヒッツでなくとも、充分に本作中心のセットリストで、ライブを見たい気にさせるアルバムです。当初はこれまで通り一時的な体制と思われたツインギターも、6年の時を重ね堅固なラインナップとなったようです。