hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Natural Elements」Shakti With John McLaughlin

Natural Elements

Natural Elements

昨年のRemember Shaktiの来日公演には足を運んだものの、普段聴いてる音楽からあまりにかけ離れていることもあって、ちゃんと聴くことを敬遠していたShaktiですが、何気なく聴いてみた本作はなかなか気に入りました。1977年発表の3rdアルバムで70年代Shaktiのラストアルバムです。
ShaktiはギタリストのJohn Mclaughlinが、Mahavishnu Orchestraの後にインド人ミュージシャン達と結成したバンドで、簡単に言ってしまうと超絶技巧インド音楽といった感じ。それまでMclaughlinが追求していたジャズ方面の音楽とはかなり別世界の音楽にも聴こえますが、一見やっている事が変わっても、真摯に自信の音楽を追求するMclaughlinの本質は変わってないことを感じさせる、“Mclaughlinワールド”とも言うべき世界が繰り広げられています。
MclaughlinのアコースティックギターとL. Shankarのヴァイオリンというツインリードスタイルは、ある意味Mahavishnuの延長線にあるとも考えられますし、凄まじいまでの超絶技巧だけでなく、起伏に飛んだ緩急のある音楽は、ジャンルの壁を越えて聴くものの心に直接響くような純潔さがあります。美しいメロディやある種「ポップ」と表現できそうな楽曲もあるので、聴きやすいアルバムなのかもしれません。(他の作品を未聴なので分かりませんが…) それにしても、Zakir Hussainのタブラは凄いですねぇ。昨年、実際に演奏してる所を見ましたが、、、、正直Mclaughlinのギターよりも驚いたw
あと、70年代の録音だというのに素晴らしく音がいいですね。僕の持っているのは97年の国内盤ですが、リマスター効果もあるかと思いますが、生楽器だけによる録音だけに余計な味付けがほとんどされていない、各楽器のクリアでダイナミクスに富んだ演奏を聴くことができます。