読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

上原ひろみ The Trio Project featuring Anthony Jackson, Simon Philips「ALIVE」ジャパンツアー2014@東京国際フォーラム ホールA/2014.12.6 (sat.) 18:00〜

f:id:OKP:20141207235306j:plain
久々に行ってまいりました上原ひろみのジャパンツアー。2012年の「Move」のツアーは行けなかったのと、昨年は(確か)国内ツアーを行ってないので実に3年振り。現在のトリオになって既にアルバム3枚と、ここまで固定メンバーで長期に渡ってアルバム制作、ツアーを続けるのは彼女のキャリアでも初ですね。
このトリオは2011年のツアーの時に見て、これまでのサイモン・フィリップスへの見方がガラリを変わる程の衝撃を受けたのですが、あれから3年。世界各地でのツアー、そして2枚のアルバム制作を経てのこのトリオ、当然ながら(!?)更なるパワーアップを遂げておりました。
f:id:OKP:20141207235303j:plain
まるでロックのライブを見てるかの激しさ、しかしながら万華鏡のようにクルクルと姿を変えていくインプロヴィゼーションの応酬はまさにジャズのそれ。才気溢れる若手ミュージシャン達が限界まで技をぶつけ合いながら高め合っていたのがかつてのトリオなら、百戦錬磨のベテラン2人に全幅の信頼を寄せながら、ともするとHiromiのプレイにサイモン、アンソニーの2人が土俵際からの更なるのしりろを見せるかの化学変化が時折現れるのが現在のトリオ。同じ作曲者、中心プレイヤーを軸にしながらも、ここまで音楽として現れてくるものが変化するのは本当に面白い!
上原さんには更なる可能性を探るべく新しいバンドにも挑戦して欲しい気持ちもありつつ、今のトリオで何処までのことができるのか、それはそれでまだまだ楽しみだと感じさせる今年最後のライブ鑑賞でした。
f:id:OKP:20141208000246j:plain
そういえばアンソニー・ジャクソンの6弦ベース(Contrabass Guitar)が新しいものになっていましたね。以前のものもセミホロウ構造だったと思うのですが(?)、今回使ってたものはかなりボディに厚みのあるホロウボディっぽいモデル。音色的な違いは… 正直よく分かりませんでしたが…(笑)

Setlist

  1. Warrior
  2. Player
  3. Dreamer
  4. Seeker
  5. Move

〜Intermission(15min.)〜

  1. Voice
  2. Wanderer
  3. Margarita!
  4. Firefly
  5. Alive
  6. Life Goes On(encore)

ALIVE (初回限定盤)(SHM-CD+DVD)

ALIVE (初回限定盤)(SHM-CD+DVD)

Move: Live in Tokyo [DVD] [Import]

Move: Live in Tokyo [DVD] [Import]

2012年の「Move」のツアーは映像化されてるんですね。それでは早速こちらで拝見することにしますか。
−−−