hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Signals」Wayne Krantz

SiGNALS

SiGNALS

近年のSteely Danや、Donald Fagenの最新作「Morph The Cat」、ツアーにも参加しているギタリストWayne Krantzの1990年発表のデビューアルバムです。今年に入って再発されたもので、今頃何故?という感じですが、Steely Dan等への参加でようやく国内でも評価の声が高まったのでしょうかね。おかげで僕も聴くことが出来たということで、ありがたいことです。
一言で言ってしまえばジャズ、フュージョン系のギタリストですが、このアルバム、非常に僕のツボ。作曲、フレージング、トーン、ダイナミクスと、どれも素晴らしいのですが、特に印象的なのが独特のコードワーク。ギターのコードには明るくありませんが、ちょっと一筋縄ではいかないと思わせる響きはどれも新鮮で、それが次から次へと繰り出される様は、実にスリリング。(#09は絶対にビビる)
ストラト(?)と思われるトーンがまた美しく、Eric Johnsonを彷彿とさせる美しいクリーン、独特のハーフトーン☆カナ?)、そして軽いクランチとどれも絶品サウンド。僕が今まで聴いたことの無いタイプのギターですが、どことなくMike Stern+EJ的な所もあって、ロック系のギターインストが好きな人にもウケそうな気がします。
収録曲はギターソロ、ギター&パーカッションのデュオ(これがかなり良い!)、ギターデュオ、トリオ編成、更に再発のボーナストラックとして、最新のライブテイクが2曲収録されています。(ボートラの曲はそれぞれ「Blues」「Reggae」というタイトルが付けられていますが、どちらも既存のブルース、レゲエとは全く別物ですw)
参加メンバーは、Wayne Krantz(g)、Don Alias(perc)、Jim Beard(key)、Hiram Bullock(b, dr prg)、Dennis Chambers(dr)、Anthony Jackson(b)、Leni Stern(g)、Cliff Almond(d)、、、、Hiram Bullock(ハロプロファンには「Memory 青春の光」のギターの人と言えば分かるかもw)がベースとドラムのプログラミングで参加しているのが面白いですね。Leni Stern(Mike Sternの奥様)はギターデュオの曲で共演しています。
僕と趣味の近い方なら間違いなく気に入って頂ける1枚でしょう。

    • -

愛ちゅんストアで試聴できないかなーと思ったら、こんなのがありました。ギタリストによるBeatlesのカバーアルバムのようですが、参加ギタリストが凄いことになってますね。2枚共聴いてみたいな。 Wayne KrantzはVol. 2で「Tomorrow Never Knows」を演奏。
「Come Together - Guitar Tribute to the Beatles」iTMS
「Come Together - Guitar Tribute to the Beatles, Vol. 2」iTMS