hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Live/1974-2000」Arti & Mestieri

もう少し緊張感のある音が聴きたくなってしまい結局こちらへ…w
1stアルバム「Tilt」が発表された74年のトリノでのライブ音源(以前発売されていたもののリマスター)と、99-00年にかけてのライブ音源という、2枚組のライブコンピアルバムです。音質は74年の方で当時のものにしてはまともなブートレベル、00年の方でも良質のSBDブートといった感じではありますがw、彼らの真の姿はライブでこそ体験できるものなので、ファンにとっては嬉しいアイテムです。特に74年のライブにおけるフリオの演奏は当時まだ20歳そこそことは思えない凄まじさで、「Gravita 9.81」における壮絶な手数のインプロは失禁モノ。 00年の方もこの時点での最新作「Murales」の曲が数多く演奏されているので、新旧のアルティサウンドを心ゆくまで堪能できる2枚組となっています。
しかしベッペさんはJD800が好きですね〜(ArtiでもC3でもセットに組み入れてリード系で多様してました)。Artiの来日時はピアノサウンドはYamahaのステージピアノを使ってましたが、ここではほとんどがJDピアノによる演奏ですね。