hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「哀 戦士・Z×R」Richie Kotzen

つい出来心で買っちまったw

哀 戦士・Z×R

哀 戦士・Z×R

試聴したら思ったほど悪くなかったので、なっちのアルバムジャケを隠すために、、、ってこっちも恥ずかしいよなぁ。ガンダムハロプロの取り合わせとかオタク過ぎてキモいw

さて、まずなによりジャケがダサいw 惑星風の砂漠にストラトが刺さっていたり、何処のヴィジュタレだよというRichieの衣装、Gacktか?w ブックレットにはRichieのガンダムへの熱い思いがありますが、これはかなり嘘くさいw そして結局ドタキャンになったCindy Lauperの謝罪コメントがペラで入ってますが、「ガンダムを知るほどに、奥の深さ複雑さが分かり、もっと時間が必要でした」とか嘘つけコラw

パーソネルは、Richie Kotzen(vo, g)、Billy Sheehan(b)、Franklin Vanderbilt(dr)の3人だけ記載されてますが、Billy Sheehanは全曲で弾いてるのかな?
リードトラックはいきなり「水の星へ愛をこめて」、シンセのイントロをギターで弾いていて演歌丸出しの微妙さですが、Richieの歌の方はいい感じで期待させるオープニングです。愛着のある歌メロがラフに変えられてしまってるのが残念。
しかしRichieさん、いつになく弾きまくり。シュラプネル時代を彷彿とさせる強烈な速弾きのオンパレードで、当時のYG誌だったらレビューに奏法マーク4つ位付きそうな勢いw ブックレットにストラトを持っている写真が多いですが、確かにいつものテレキャスっぽい音では無いかも。録音は悪くは無いですが、シンセ系のダビングなど、いかにも低予算/企画モノといった感じの音ですね。

続く「翔べ!ガンダム」で笑かせつつ「哀・戦士」、これはなかなか悪くないかな。井上大輔メロディの良さが光りますが、同様に「Z・刻をこえて」「風にひとりで」「めぐりあい」等も英歌詞+Richieのソウルフルな歌唱がハマって格好いいですね(やはりメロの変更には一部違和感を感じますが)。アレンジは基本的にオリジナル踏襲で、HRバンド編成のアレンジでやってますといった感じ。真面目に聴くようなものではないですが、ネタ半分として聴くなら悪くないですね。Gackt曲などオリジナルを知らなかったり、0083も完全に忘れてますが、ファンク色の薄い(アニソン臭いw)Richieソロ曲感覚で割と普通に聴けてます。ラストのRichieのオリジナル曲は蛇足かな。
この手のCDは、まず後になって聴き返す前例が無いだけに、今のうちにしっかり聴いておこうw 個人的には「Z・刻をこえて」が気に入りました。カッティングだったりブリッジやサビのオブリだったり、原曲のアレンジにもあるパーツですが、バンドアレンジが格好いいですね。