hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

The Chick Corea Elektric Band@Blue Note Tokyo / 2017.3.20 mon. 2nd set / 20:00 start

12年前の再結成ツアー以来のThe Chick Corea Elektric Bandを見てきました。

f:id:OKP:20170322151444j:plain

ブルーノートChick Coreaを見ること自体が2009年(John McLaughlinのFive Peace Bandと一緒のとき)以来なのでかなり久しぶりのこと。
CHICK COREA - チック・コリア|ARTISTS|BLUE NOTE TOKYO

以前見たときはかなり太ってしまって「このままで大丈夫かしら?」と思っていたチックも、75歳となった現在は昔を思わせるスラリとした姿を取り戻しました(当初病気かと心配しましたが、健全なダイエットだったみたい?)。演奏の方も歳を感じさせないアグレッシブさで、ウェックル、パティトゥッチ、マリエンサル、ギャンバレというお馴染みのメンバー達と変わらぬ超絶技巧を繰り広げてくれました。
チックの機材はヤマハのピアノの他、ヤマハMONTAGE8、MOOG Voyager、そしてGot A Matchでは懐かしのKX-5を弾く姿も見られました。

デイブ・ウェックルななんと2007年のマイク・スターン以来なので10年ぶりですが、以前のオールバックとは別人のような白髪の風貌へと変化。相変わらずの神経質そうな視線は健在で、円熟味を増したそのドラムプレイはサラリと叩いているようで、変わらず技巧が共存しているところはベテランの味か。ウェックルのドラムに衝撃を受けて、『Beneath The Mask』から遡ってアルバムを聴きまくっていた頃が懐かしく思えます(別の日、セットでは「Beneath The Mask」も披露されたらしく、すごく聴きたかった!)。
ブルーノート最終日2ndのセットリストはアンコール含めてまさかの4曲だけ(笑) 演奏時間はしっかり90分を超えていたのですが、なにせ各プレイヤーのインプロヴィゼーションが長いものだから各曲「20分・20分・25分・25分」といった感じ。1stに2ndの代表曲、そしてまさかのChick Corea Elektric Band II『Paint The World』からの曲でしたが、そういえば確か前回の際結成時にもCTAなどが演奏されてような気がします。

The Chick Corea Elektric Band
Featuring Dave Weckl, John Patitucci, Eric Marienthal & Frank Gambale
(Setlist)

  1. Silver Temple
  2. Eternal Child
  3. Ished
  4. Got A Match?

ライヴ・イン・東京 1987

ライヴ・イン・東京 1987