読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「日本のピアノ100年―ピアノづくりに賭けた人々」前間孝則/岩野裕一 著

書籍 鍵盤楽器

純国産ピアノの誕生と変遷を描いた良書

日本のピアノ100年―ピアノづくりに賭けた人々

日本のピアノ100年―ピアノづくりに賭けた人々

 

日本楽器(現ヤマハ)の創業者、山葉寅楠から始まる日本のピアノ作り(ピアノメーカー)の歴史を主軸に話は進んで行きます。
最初は西洋技術への憧れ、模倣からスタートした日本のピアノ作りが、現在では世界のコンサートホールで使用され、また世界的なピアニストにも使われるようになるには、技術者たちの弛まぬ努力はもちろんのこと、ピアノ、そして音楽文化を教育面からそしてビジネスとしても育てていった、国産メーカーの戦略の賜でもあるということが見えてきます。
職人魂と企業努力が複雑に絡み合うことで、成し遂げた現在の楽器産業の形。ピアノ好きだけでなく、ものづくりに関わる多くの人に読んで頂きたい1冊です。

関連作品

helloprog.hateblo.jp