読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「楽典—理論と実習」

楽典・音楽理論

これ1冊で済ませないことも大切です

楽典―理論と実習

楽典―理論と実習

「黄色い楽典」として定番中の定番となっている学習書。音大受験を始めとして、音楽を学んだ人間の多くが通った一冊でしょう。
音楽の初歩から学ぶことができますが、細かな注釈や解説があるわけでなく、ひたすら知識を暗記していくタイプの学習書です。出版が古いこともあり、やや表現などが古めかしくも感じますが、決して分かりにくいということはなく、中学生以上が音楽の基本となる知識を学ぶには最適でしょう。
ただし、これ1冊で全てを済ませてしまうのではなく、理解できなかった所や、薄いと感じた部分に関しては、別の参考書、理論書にに当たるなど必要な肉付けの作業を並行して行なうことが重要だと思います。
ポピュラー系の理論とは、微妙に用語の扱いや解釈が違っていることもあり、クラシックを学ばない人間は本書をスルーしてしがちですが、両方を学んでおくことは決して損になりません。

出版社リンク


新装版 楽典 理論と実習 - 音楽之友社