読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

TRI-Offensive

CD

TRI-Offensive

TRI-Offensive

Perfu(ryもいいけどこっちのトライアングルも格好いいぞと。一部で話題の若手超絶ギタリスト菰口雄矢、現PRISMの岡田治郎、そしてKENSO小森啓資(小森氏がこのバンドの牽引役のようですね)という超強力トリオのデビューアルバム。PRISMスタイルによるハードフュージョンサウンドを、より複雑でテクニカル、プログレッシブに、そしてその一方で歌心という一見相反する要素も追求したのが、このTRI-Offensiveというバンド。3人オフェンス、全員攻撃。そのプレイは和製Extraction(Greg Howe, Victor Wooten, Dennis Chambers)という向きも無きにしも非ですが、多彩な楽曲の耳馴染みの良さから、このバンドには今までにない魅力を感じます。
さて、若干21歳の菰口雄矢、そのプレイの凄まじさは各所で耳(目)にしてましたが、まぁ本当に卓越したテクニックとセンスの持ち主ですね。鉄壁のベテランリズムセクションを前に一歩も引けを取ることなく、緻密かつ複雑なアンサンブルは完璧ですし、あまりの隙の無さと完成度につい「落ち着きすぎ。若々しさに欠ける」なんて嘯いても虚しいだけで、やっぱり凄いものは凄いのですw 一糸乱れぬアンサンブルに、相当に難解なプレイというのにスムーズ過ぎて緊張感すら感じさせない、というのはロック視点では評価が分かれるのかもしれませんが、とりあえず1stアルバムでこれは文句なしでしょう。
驚異の21歳ギタリスト生んだジャズ・ロック・トリオHMV
http://www.myspace.com/trioffensiveMySpace

      • -

さて、こんなスーパートリオを聴いても、楽しみなのはやはり来月に迫ったKENSOライブ。光田健一氏プロデュースによる「SPARTA」のリマスター「SPARTA NAKED」の出来にも期待が高まります。