hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

Dream Theater Keyboard Anthology

Dream Theater Keyboard Anthology

Dream Theater Keyboard Anthology

新宿ロックインの輸入スコアセールで発見。以前からAmazonウィッシュリストに入っていたものなので安く買えてラッキー! Dream Theater楽曲のキーボードパートのみが収録された楽譜集。採譜はChris Romeroという人ですが、スペシャルサンクスとしてJordan Rudessの名前もあり、限りなく公式スコアに近い内容と言っても良さそう? 巻末にはJordanのコメントがありますが、「彼は僕のキーボードスタイルを熟知していて…」といった言葉も。Jordanからの励ましの言葉もありますが、華麗にスルーさせていただきたい所存。「チャレンジングなノートとリズム」とか言われてもチャレンジング過ぎてとうてい無理だよジョーダン…。はぁ。
収録曲は「Images And Words」〜「Train Of Thought」の中から18曲ですが、「6DOIT」は各曲フルサイズでなく、キーボードの目立つセクションの抜粋だったりします。音色の指定から、ピッチペンド等までかなり詳細な表記になっているのもマニアック。変拍子の解釈などで自分の解釈とは違っていた部分など、実際に演奏をしなくとも十分に楽しめます。「Train Of Thought」収録の「Stream of Consciousness」あたりは、個人的に好きな曲で一部分をコピーしたこともあるのですが、「このセクション、こんな音色でこんな演奏してたのか」と目から鱗堕ちまくり。CDを聴きながら譜面を追うことでJordanの意識の流れを追体験するかの感覚? ちなみにライブ(Live At Budokan)ではJordanもこの通りは弾いてませんねw 「Solitary Shell」とか弾けたら素敵なんですが、譜面を見れば見る程にそれこそ夢劇場w