hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band with Christian McBride, Kenny Garrett & Brian Blade@Blue Note Tokyo/2009.2.8 sun. 2nd Show 19:00〜


見てきたよー、FPB。
さて、注目のJohn McLaughlin御大はRemember Shaktiの時に比べるとかなりリラックスした雰囲気。終始笑顔を絶やさず、Chickや他のメンバーのソロを見つめたり、時に息つく間もないような速弾きをキメたりと、Chickとの双頭バンマス的な立ち位置では無かったものの、唯一無二の存在感はやはり流石の一言。音色はクリーンとちょっとゲインアップさせたクランチ程度の音色を使い分けながら、ディレイのフィードバックがほぼ1回のみと(ノーリバーブ?)、速いフレーズを弾ききった直後に、1度のディレイのみでサスティンが消えてしまうという強烈な音の粒出汁。それを余裕の表情で弾いているのだものなぁ…。フレーズの合間にアームを多用しつつ、ビブラートや絶妙のピッチコントロール。Jeff Beckとはまた違うアーム使いの妙。チューニングはこまめにしていたようですが、クリーンのコードなどため息ものでピッチが綺麗でしたねえ…。

    • -

Chickはいつも通りやや抑え目。シンセはMotif XS 6&8。そういえば生のChristian McBrideとKenny Garrettを見るのは13年降りで、その時もChick Coreaと一緒だったのよね。今や2人共、押しも押されもせぬ売れっ子かつベテランミュージシャン。Kenny Garrettってあんな日本語上手かったのですねえ。どうやらかなりの日本通なのだとか。Brian Bladeがこれまたとんでもなく凄かったのですが、とりあえずそんな感じで手抜き更新で失礼。