読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Revelation」Journey

REVELATION

REVELATION

最近Rock系のCDはあまり聴いてないようで、そういえばこれは結構良かったなー。YouTubeからスカウトという現代のアメリカンドリームを掴んだ、フィリピン人ボーカルArnel Pinedaを迎え入れた新生Journey。曲の方もメロディックHRの王道を行くバンドらしい充実ぶりで、既に全く違和感の無いArnelのボーカル(そういう基準の人選なのだが)も相まってなかなかの良作に仕上がっているのではないでしょうか。というか改めて聴いてる最中だけど凄くいいよこれ!(これぞ熟成効果w)
前作「Generations」から「Faith In The Heartland」が再収録されているのもちょっとした聴き所。これを聴くと、前任Steve Augeriは、既にSteve Perry物真似の呪縛から抜け出し自分の声で歌ってたのだなぁと。Arnelも徐々にそうなれることを願って、今はアジアから誕生したJourneyの新生ボーカルを応援したい気分。
ちなみに往年のグレイテストヒッツ10曲をAenelのボーカルで再録したdisc2は、ファンへのArnelの文字通り「挨拶代わり」といった所か。何気なく聴くいてると本当にそっくりなArnelのボーカルですが、低いキーや静かな歌い回しなどになると結構違いますよね。ArnelはSteveが張っている時の声に一番近く(「Separate Ways」を歌っている時みたいな)、バラードなどでも基本その声なので、この辺り好みが分かれる所かもしれませんが、まぁなんにしても巧いことに変わりない。