読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Live at Montreux 1976」Staff

ライヴ・アット・モントルー 1976 [DVD]

ライヴ・アット・モントルー 1976 [DVD]

雪もやんだことだしと、こちらもヤマトのお兄さんが届けてくれたStaffのライブDVDを見る。1976のモントルージャズフェスの映像で、1stアルバム「Staff」からは2曲のみしか演奏されておらず、その他はStevie WanderやEW&Fの曲をStaff流にアレンジしたものや、ソロ演奏などで構成された60分の映像。ドラムはスティーブ・ガッド(めっちゃ若くてビビったw)1人です。
「(Do You) Want Some of This」が入ってないので、ちょっとガッカリしたのですが、リチャード・ティーの例のピアノソロはしっかりあったので満足。なんかもうニヤニヤしちゃうね。ちなみにセットはヤマハのアコピとHammond B-3(映像では弾いてないけどw)で、Rhodes(&Small Stone)が置いてなかったのはちょっと残念。
Super 400を弾くコーネル・デュプリー とMr.テレキャスのエリック・ゲイルの音色&プレイの棲み分けとかもう絶妙すぎて最高ですね。ジャンル的には一応フュージョンになるのかもしれませんが、音を聴く限りR&Bインストと言って差し支えないノリの良さですなぁ。