読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Airplay For THE Planet Live IN Japan 1994.1.19」Jay Graydon All Stars

ジェイ・グレイドン・オール・スターズ・ライヴ・イン・ジャパン 1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット[限定盤] [DVD]

ジェイ・グレイドン・オール・スターズ・ライヴ・イン・ジャパン 1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット[限定盤] [DVD]

94年のJay Graydon All Stars名義の来日公演を収録したオフィシャルブートレグ?DVD。本作はライブアルバム用にレコーディングされたものではなく、記録用のカメラ(1カメ?)の映像にデジタルリマスターを施し(といってもまともなブート?レベルですね)、卓から2MIXで録音されたDAT音源と組み合わせたものだそうです。参加メンバはJay Graydon(g, vo)、Joseph Williams(vo, key)、Bill Champlin(vo, Hammond, g)、Kenji Sano(b)、Sherwood Ball(g, vo)、Bill Cantos(key, vo)、John Van Tongeren(key)、Pat Mastelotto(ds)、そして女性コーラス隊3人という、Jayとゆかりのある豪華メンバーが勢揃いしています。
特典映像のJayとケンジ・ヒノのインタビューによると、ツアー前に2週間みっちりとリハーサルを行っての、ツアーの最初の公演が本作のステージとのことですが、とても一発目とは思えない、濃密で完成度の高いステージが繰り広げられています。販売を目的に撮影された映像では無いのと、ライブの臨場感に欠ける音源ではありますが、それが彼らのパフォーマンスの素晴らしさをスポイルするものではないでしょう。「Airplay for the Planet」の収録曲からTOTOやAirplay、Planet3のナンバーまで、プログラミングは一切用いず完全な生演奏での再現に拘ったというアンサンブルは、これだけの大所帯だというのに、スッキリ整頓されたサウンドになっている所は流石。 それにしてもこのオッサン達マルチに巧すぎ。
詳しい内容についてはこの辺の記事参考にして頂くのがよいかと。限定盤の方は若干割高ですが、同公演の音源CD2枚とお馴染み中田氏による詳細な解説ブックレットが付かない通常盤の方なら約半額で買えるようです。
ジェイ・グレイドン・オール・スターズ・ライヴ・イン・ジャパン 1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット [DVD]

ジェイ・グレイドン・オール・スターズ・ライヴ・イン・ジャパン 1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット [DVD]