hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Day Trip」Pat Metheny Trio

Day Trip
Pat Metheny 2008年の新作はChristian Mcbride(b)、Antonio Sanchez(ds)という強力メンバーによるニュートリオ。Patのギタートリオでのアルバムは「Trio 99->00」(「Trio->Live」)以来になるので、かれこれ8年ぶりですか。早速帰宅してから聴いている最中ですが、前半は肩肘張らないリラックスした雰囲気がとても心地良いですね。収録曲は全てPatの作曲で、PMG名義のアルバム「Quartet」収録の「When We Were Free」なども演奏されています。徐々にテンションを上げながら、ギターシンセディストーションなどギターサウンドのバリエーションも増え、お馴染みの色彩豊かなメセニーワールドが広がっていく様は流石だなぁ〜。
Methany/Mehldauのような新鮮さは無いものの、いい意味でニュートラルなPatという感じで、しばらくの愛聴盤になりそうな本作。個人的にはそろそろグループ名義の次作の噂なども聴こえて来ると嬉しいのですが…。(まぁ、前作が入魂のTWUだったので、次作への充電期間が長くなりそうな予感はしていますが)