hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Somewhere Else」Marillion

Somewhere Else

Somewhere Else

本年発表、前作「Marbles」から2年ぶりとなるMarillionの最新アルバム。前作収録のシングル「You're Gone」が本国イギリスのチャートでヒットしたこともあり、再び自分の耳にもその名前が届くこととなったMarillionですが、それを切っ掛けに長らく離れていた「Brave」以降の作品も少しずつ聴き返していましたが、そんな中発表された新作です。
「Marbles」と比べると全体的にポップな印象も強くなっていますが、浮遊感のあるサウンドに、Steve Hogarthのボーカルと、Steve Rotheryの美しいギターが絡み合う独特の世界は健在。突出した楽曲の印象こそありませんが、10分で52分という比較的コンパクトな内容に散りばめられた佳曲の数々と、アルバム全体の空間を彩る美しい印象が協調して、聴いていて非常に心地よいアルバムになっています。
既にポンプやらネオプログレという言葉とは完全に別離した感のある彼らですが、現在の彼らのサウンドにはもはや何かの制約を受けることもなく、彼ら自身の内から湧き出る音楽を自由に追い求めている雰囲気があって好きです。いかにも英国的な叙情感が自然にとけ込んだベテランならではのサウンドは、一部の好事家だけでなく。もっと広く、現在のUKロックファンなどもに受け入れられていいと思えるのですが、、、いかがでしょうね。