hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Live At Six Flags」White Heart

Live At Six Flags

Live At Six Flags

夏だAORだ、ということで1986年発表のWhite Heartのライブ盤です。収録は恐らくもっと前で2ndを中心に1stの曲も演奏されています。 White Heartは80年代始めにDann Huff、David HuffのHuff兄弟が在籍していたナッシュビルのセッションミージシャン軍団のバンドで、恐らく当時流行っていたTOTOの路線を狙ったバンドなのでしょうか。名前だけを見るといかにもHR系の音を想像しがちですが(?)、音楽的にはポップロック寄りのAORで、Airplayを思わせるキーボードが印象的な爽快ポップソングから、DX系のエレピの“いかにも"なバラードまで、非常にクオリティの高い楽曲が揃っています。
後にHuff兄弟が結成するGiantはかなりHR色が濃いのですが、White Heartはいかにも当時の、所謂オシャレサウンド(?)の甘甘感が溢れまくり。TOTOの2番煎じみたいな曲もあったりするのですが、そこは突っ込んじゃダメですw ファン的にはもちろんDann Huffのギタープレイが聴き所なのですが(これがまたLukeっぽいんだなぁw)、楽曲がどれも良いので夏向きの爽やかなAORを探している人にもおすすめ☆カナ