hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

Dream Theater Official Bootleg

http://www.ytsejamrecords.com/
HMV Tower Record
うまろくさんより教えて頂きました。このシリーズ、いつの間に普通に輸入盤で売ってたんですね。とはいえ今更それほど興味を引かれなかったりもするのですが、「Dark Side Of The Moon」の再現ライブは見たいかも。本家と比べては酷かもしれませんが、色々見所も多そうですしね。そういえば「P.U.L.S.E.」DVDのボーナス映像、手つかずのままでした…。
そんなシリーズの中から「Los Angeles, California 5/18/98」を聴きました。この頃はキーボードをDerek Sherinianが弾いていて、全般的に歪ませたオルガン(恐らくCX-3+Leslie)がフィーチャーされている部分は結構好きだったりします。(オルガンプレイに関しては、Derekは他2人のkey奏者よりも個人的に評価できると思います) I&W楽曲のシンセバッド系がオルガンに置き換わってるアレンジなどもかなりありますし。 Z1かTrinityあたりで弾いてると思われる、歪み過多なシンク系リードは個人的にイマイチ。 ラストの「Learning to Live」から「Change of Seasons」の流れは鳥肌モノですが、同メドレーはライブ盤「Once In A Live Time」のアレンジの方が凝っていていいですね。
注目はゴリラ機長ことBruce Dickinsonのゲスト参加(「The Trooper」とか歌います)ですが、肝心の機長の喉のコンディションがイマイチなのが残念。