hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

"WHD Entertainment presents THE GRANDE BALL vol.1" The Answer / Philip Sayce@SHIBUYA-AX

WHD主催、Philip SayceにThe Answerというダブルヘッドライナーなライブイベント、無事に仕事を片付けて行って来たやよー。
各80分のセットリスト、合計3時間弱と長丁場でしたが、リボン太鼓なののヲタさんと、凄い機材のごまヲタさんと合流できたので、寂しい思いをせずにマッタリ見れました。どちらも格好良かったですが、個人的にはやはりPhilip Sayceかな。超爆音(まだ耳がキンキンしてるw)でハイテンション飛ばしまくりの先行逃げ切りという感じ。少々食われてしまった感はありましたが、The Answerも往年のHRいいとこ取りという感じのいいバンドでした。で、本日のMVPは、、、、やっぱりKenny AronoffでFA?w
それではお二方、週末にBNTにて!ノシ

    • -

(以下、雑感メモ)
Philip Sayce

  • てっきり坊主ルックかと思ったら長髪&パーマ、ジャケットにスカーフとまるでJohn Mayer w そっち狙いかぁ…。(マネージメントの指示なのかなぁ…、まぁこれはしょうがないのか)
  • ギターはCDの印象通りというか、SRV系統でありつつ、そこまでブルース魂Zokkonというより、勢いで詰め込み早弾きに行く所なども多々アリ。少々フレーズが単調になる傾向もあって、もう少しフレーズがメロディックだと個人的には嬉しいですが、ボーカルを取る人だけあって、歌心を感じさせる素敵フレーズはいくつもありました。 というか歌(ボーカル)が抜群。これだけでもAnswerに勝ってたのでは?なんて思ってしまった。
  • そして勢いギターの人かと思いきや、プレイの端々にテクニカルで丁寧な所が見られました。ちょー上手い。あと、かなりチューニングの回数が多かったけど、結構几帳面なのかな?(まぁあの弾きっぷりじゃ、毎回狂いそうですがw)
  • アクションも派手で魅せます。シールド使ったSMプレイとかお約束ですが、流石堂に入ってました。お茶目な振る舞いだったり、人柄も良さそうで、好感度大。
  • 1曲目こそ普通だったものの、徐々に爆音大会に… ドラムに釣られてなのか、とにかく凄まじく爆音&轟音。あんな大音量ライブ久々だわぁ〜。後半かなり耳が厳しかったので、Answerの音量には正直ほっとしたw
  • ギターのトーンはうーん?と思わせる所もあったけど(機材的にセッティングが煮詰まってなかったような?)、今回のスケジュールを考えたらしょうがないかな。アンコール一発目に「おおっ、アンプ変えた?」って思わせるいい音が出たのですが、2曲目のジミヘンの頃には、爆音大会に戻ってましたw
  • そしてやはりドラムのKenny Aronoffさん。この人だけでもかなりお腹イッパイ。あのパワフル駄々っ子乱打が見れただけでも行って良かったw 通常の右キットのタム左右サイズ逆(なんだか記憶に新しいようなw)に、両サイドにハットという変則キットを使って、右手ハット(フットは恐らく普通に左足)がメインの変則オープンハンドというスタイル。駄々っ子叩きはあのセットが必要なのね。50歳過ぎてあれはとんでもないよ!


The Answer

  • 全く予習無しで見ましたが、実に正統派のハードロック(ブルーズロック)バンドだなぁという印象。ボーカルはRobert Plantから影響受けまくりと思われるアクションと歌唱(Paul Rodgers、David Coverdale辺りも…)で、ZEP彷彿な曲はハマりまくり。他にもFree、AerosmithAC/DC... あたりからの影響もチラホラって、要は往年のHRいいとこ取り。ギターは昔の布っぽい(見た目の)兄ちゃんで、他の2人はよく覚えてない。
  • 音量はPhilipの時に比べて大夫マイルドに、ドラムもKennyおじさんの後では大人しく聞こえてしまうので、全体的に若干こぢんまりと見えてしまった感はアリ。でもまだまだ若いバンドだし、これからが楽しみなバンドです。音楽的にも若年寄系(?)なだけに、この先の展開がイマイチ読めませんが頑張って欲しい。
  • エアロの「Sweet Emotion」みたいな曲を前半にやってたのだけど、アンコールで本当に「Sweet Emotion」のカバーを演ったのには笑ってしまったw
  • 個人的にはYouTubeで見て唯一覚えてたZEP風な↓の曲が一番良かった☆カナ。結局テレキャスで弾いたのはこの曲と、アンコールのエアロだけってのは残念。テレキャスの音が(メインのLPやLP-DCに比べて)輪郭もヌケも良かったのになぁ…。

    • -

終演後、出口でイベントの無料パンフを配ってましたが、A4カラーのなかなかしっかりした作りで、WHDの本気具合が伺えます。ただPhilip Sayceがすっかり王子様ルックにさせられていたのはちょっと気の毒かも…?