hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「The Nomad Diaries」Chris Minh Doky

ザ・ノマド・ダイアリーズ

ザ・ノマド・ダイアリーズ

現在、Mike Stern Bandにて来日中のベーシストChris Minh Doky、先週発売されたばかりの最新作です。 坂本龍一との共演でも知られるChrisですが、本作にはその教授もゲストで参加。アルバム全体を通してプログラミングによるトラックや、エレクトロニカ寄りのサウンドを大幅に導入した方向性ということもあり、アンビエントっぽい雰囲気の曲など、ジャズのアルバム(という雰囲気はほとんどありませんが)というよりは、教授の作品を聴いてるような錯覚をさせる曲なども。オープニングの「September (For Tanja)」はピアノが教授なこともありますが、“もろ”ですね。 一部若干狙いすぎな感もあるのですが、たまにこういうの聴くのも新鮮かな、と。
また本作には今年1月、惜しまれながらこの世を去った故Michael Breckerが、2曲にTenorとEWIで参加。闘病中の合間をぬって録音されたとはとても思えない、力強いプレイを聴くことができます。特に「If I Run」におけるEWIのプレイが感動的。
Chrisの演奏はアコベ中心ですが、エンドースしているYamahaのサイレントベース(所謂エレクトリック・アップライト・ベース。↑のジャケ写にも写ってますね)を大幅に導入しているようで、アコースティックの代用としてだけでなく、「Last Call」などで聴かれるディストーションソロ(前半のソロはMike Stern、後半のソロがChris)もサイレントベースを使ってるようです。他にもMIDIピックアップなども搭載されているようなので、その辺りを活かした多彩なサウンドをBNTで聴くことは、、、出来るのかな?(って流石にMikeのバンドですしね)