hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Jazzpunk」David Fiuczynski

某所にてこのジャケを見かけたのでw

Jazzpunk

Jazzpunk

上原ひろみの新ユニットSonic Bloomにも参加している変態超個性派ギタリストDavid Fiuczynskiの00年発表のカヴァーアルバムです。1曲目がいきなりPat Methenyの「Bright Size Life」。あの印象的な美しいテーマがゴリゴリのディストーションで演奏されていて驚きますよw 続けてジミヘン、ショパンジョージ・ラッセルチック・コリア… と、節奏無しに各ジャンルの楽曲をFiuczynskiワールド全開で料理しまくり。正にJazz Punkのタイトル通り、既成概念なんてどこへやらのやりたい放題、でも不思議とこれがクセになるんです。ノリは完全にロックなので、変態ギターインスト系が好きな人、Steve Vaiの1stとか好きな人は、非常に楽しめることでしょう。
この人、プレイも個性的ですが使用ギターが超超超超・個性的。6弦フレットレスと7弦フレッテッドのダブルネックギターなんて他ではまず見ることが出来ないでしょう。特にフレットレスギターの不思議なトーン(歪み系ヴァイオリンにも近いですね)から繰り出される変態フレーズの数々は筆舌に尽くしがたく、とりあえず気になる人は聴いてください。それにしてもフレットレスギターって、音程感が柔らかいというか、独特の滑らかさ浮遊感がありますね。日本だと野呂一生氏が有名ですが(聴いたことないですがw)、Pat Methenyも使っていましたっけ。
そういえばFiuczynskiの日本語読みってフィチェンスキーだったりフュージェンスキーだったり色々ありましたが、今はフュージンスキーで落ち着いてるのでしょうかね。ビリー・シーハン。