hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Picture」Kino

先日買ってみたKinoが素晴らしく、すっかりハマってます。

Picture

Picture

It BitesのJohn Beck(key)、元Porcupine TreeのChris Maitland(dr)、MarillionのPete Trewavas(b)、そしてArena(知らないw)〜再結成It Bitesでもvo&gを努めるJohn Mitchellによるバンドの2005年発表のアルバムです。見事にネオプログレ系バンドの名前が並びましたが、所謂プログレ系にありがちな“スーパーバンド”になるのでしょうか。最近(ここ10年位の意味でw)だとTransatlanticLTEなどもありますが、ってPete TrewavasはTransatlanticと被ってますね。
あまりプログレというキーワードを使うことで、Kinoのイメージを固定化させてしまいたくないのですが(所謂プログレ残党組やプログレハード系とは一線を画していいかと)、それぞれの出身バンドの個性が上手く融合されたサウンド。It Bitesが現役で活動していたら、こういう音楽をやっていたかもしれないとも思わせる、ポップだけどどこかひねくれた世界、テクニカルな側面を見せつつも、歌とメロディを重要視した楽曲群はどれも非常にレベルが高く、Vo&GのJohn MitchellはFrancis Dunnery程のアクはありませんが、いい意味で優等生。美しいメロディを時にファルセットを交え情感タップリに歌い上げ、ギタリストとしても見事な腕前を聴かせてくれます(ギターはFrancisの影響がかなりありそう)。 そしてやはりJohn Beckのカラフルなキーボードアレンジのセンスの良さが、バンドアンサンブルの中で効きまくっていますね。 次作にも大期待… って再結成It Bitesとは両立されるのかなぁ…。