hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Full Moon」Full Moon

最近ハロー(かバンド)の事しか書いてなかった気もするので…。
asin:B000BWAGY2:image
今週末からMichael Thompsonと共に来日公演を行うBuzz Feitenが1972年に発表したFull Moon唯一のアルバムです。Full Moonというと、丁度10年を経た80年代初頭のLarsen Feiten Bandで有名なグループ名ですが、実はオリジナルはこのFull Moonなのです。当然、バジーもニールも在籍。比較的最近までCD化されず、僕も紙ジャケCD化されてから手に入れたものですが、所謂まだ見ぬ幻の名盤、の1枚でもありました。
Larsen Feiten Bandは一流インストメンバーによるジャズ/フュー系のテイストとソウル/ファンクの色が程よくブレンドした洗練されたAORサウンドですが、このFull Moonはその原型というよりは、よりR&Bやソウルミュージックの色の強い作品となっています。ブルーアイドソウルの原型と言った方が良いかもしれませんね。(黒人ドラマーのPhilip Wilsonがボーカルを取ってる曲もあるので、アーバンソウルでもあるのか)
AORフュージョンという言葉がまだ生まれる前の音楽ですが、それらのファンに訴える要素はふんだんにあると思いますし、単純にR&B/ソウル系の作品としても十分に通用する名盤だと思います。まー、なによりも演奏がめちゃくちゃカッチョイイのです。Neil Larsenのキーボード(Rhodes)が最高過ぎる。
ちなみに紙ジャケ盤にはボートラとして2曲が収録されてるのですが、1曲はDeve Holland作曲(当然Bassも参加)、Randy Breckerもゲスト参加している、電化マイルスを思わせるジャズロックナンバー、もう1曲は「Jam」と名付けられたそのままJamセッションで、どちらも10分を超す演奏が収録されています。(ここに釣られる人は結構いたりして)