hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「IV」Winger

ウィンガー IV

ウィンガー IV

明日はライブもあるしちょっとスカっとしたHRでも聴きたいな、と思ってAmazon便を引っかき回してこいつを発見。 80年代後半に出現した、LAメタル界最後の切り札(?)、確かなテクニックとキャッチーな楽曲で一部ファンに人気を誇ったWingerの13年ぶりの再結成アルバムです。1stっておもいっきし売れましたよね〜。
個人的にWingerのような産業ロック的な香りを残しつつ、エッジの聴いたテクニカルなギターと、一癖あるリズムセクション、そしてポップな歌メロというのは、今でもなんだかんだで好物な訳で、今回の再結成は、キップ、レブという主要メンバーに加えて、元Dixie Dregsのロッド・モーゲンステインというオリメン衆が集っていることもあって、非常に楽しみにしてました。
んで、ひととおり聴いた印象は、、、微妙…。全体的にミドルテンポ、ダークで重めの曲の比重が高くて、3rd「Pull」の直後にこれならまだしも、今僕が聴きたかったWingerの音ではないかなぁ。それなりにグッドメロディはあると思いますし、一筋縄ではいかない演奏やアレンジなど、さすがWingerと感じさせますが、別に今このWingerを、好んで聴きたいとも思わないんですよね。得意の美メロバラードもありませんし、もっとキラキラしたハードポップをやってくれたらなぁ、、、ってバンドにしてみたら、未だに10年以上昔の影を追い求められるのも迷惑な話なのでしょうけど、あえて“昔好きだったHRバンド”に今更手を出すのって、どうしてもそこを期待してしまうからだったりします。
気が向いたらいつかまた聴くかもしれませんけど、今はiPodに入れる気になれないかな。レブのギターは相変わらず聴き所が多いので、ギターファンはそれなりに楽しめるかも。 しかしこのジャケはなんとかならなかったのだろうか… 店頭で見たら絶対に買わないと思いますw

    • -

レブ繋がりでWSネタ。
Whitesnake最新ライヴ・アルバム!
いらねーw ちゃんとオリジナルアルバム出せや。