hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

東京JAZZ2006 9/4 Night [Encounters]

明治神宮前から千代田線で二重橋前(ホールAなら日比谷より全然近い)へ移動、昼の部から見ていたごまヲタさんと合流して入場。開演までをカントリーコンの話で過ごすダメなヲタ2人。場内はかなりエアコンが効いていて、半袖ポロシャツでは寒かったです。昼から出掛けたので、あの炎天下、長袖を持って行く気になれなかったのですが失敗でしたw

    • -

マーカス・ミラースペシャルゲスト フランク・マッコム

  • 演奏は全員凄いんだけど、正直ちょっと退屈だったかも。Stevie Wonderとかは分かるけど、マーカスの曲(?)はあまり知らないしなぁ…。 でも途中から出てきたフランク・マッコムはとても良かったです、歌もRhodesもソウルフルで気持ちよかった。
  • 基本的に鍵盤のボビーさんと、フランク・マッコムのRhodesを中心に見てました。ボビーさんのブースは、RhodesにClavinet、mini moog、B-3、TORITONをコの字にセット。残り一方にレスリーさんが鎮座。
  • アンコールを一度終えて、客電も付いて観客はトイレタイム、スタッフもセットチェンジを初めているのに、メンバー達がぞろぞろと現れてダブルアンコール開始w 呼ばれて無いのにサービス精神旺盛なマーカス先生ありがとう(TV放送用?)。ラストは「Come Together」でした。メマーカスがメロを取ってる間のベースはもちろんmini moogですよ。

チック・コリア meets 上原ひろみ

  • ヤマハのピアノ2台向き合わせで上手にチック、下手にひろみさん。お互いがテーマというか切っ掛けのフレーズを出し合って、インプロヴィゼイションのやり取りをする感じで、45分近く。全体的にチックがリードしてた印象ですが、ひろみさんも積極的で良かったですね。スケール感もあるし、伸びやかで自然体な演奏は好感が持てます。もう少し攻撃的になるかも、と思ったけどそれほどでも無かった☆カナ。 できれば今度は通常のトリオ編成で見たいですね。 最後の曲はチックが「Humpty Dumpty」のテーマを弾いてたけど、あれってハンプティだったのかな。わかりづれえ〜w 「Spain」か「La Festa」をやればもう少し盛り上がったかも。

■ザ・グレイト・ジャズ・トリオ by ハンク・ジョーンズスペシャルゲスト 渡辺貞夫(with ジョン・パティトゥッチ and オマー・ハキム)

  • ハンク・ジョーンズのピアノソロから始まって、お次にトリオ、そしてナベサダさんを招いてのカルテット。僕でも知ってるようなスタンダードが中心でしたが、オマーのドラムがたまにフュージョンして面白い。パティさんはアコースティックも恐ろしく巧いなぁ〜、と双眼鏡でがっつく。 ハンクじいちゃん、黒スーツがビシっと決まって、88歳ってマジっすか!の矍鑠とした立ち振る舞いと演奏です、ジャズ爺恐るべし。


アンコールはチックとひろみさん、オースティン・ペラルタも招き入れて(ピアノも1台追加)、「いつかフランツ王子様が」をピアノソロ交代で演奏、上原ソロがかなり熱くて盛り上がりました。 更にダブルアンコールで「ブルーモンク」、こちらはハンク&チック、ひろみ&オースティンのW連弾なども見せてくれました。演奏中、ハンク爺に急に肩を叩かれて、ビックリして椅子を譲るチック爺キャワw 文句なしのスタンディングオベーションでございました。
それにしてもステージ上はハンク(88)→チック(65)→オマー&デイブ(47)→上原(26) とほぼ20歳周期で歳が離れているのですよね。オースティン・ペラルタなんて更に10コ下の15歳だものな〜。ジャズの懐は深いのです。

http://www.tokyo-jazz.com/jp/program/index.html
NIGHT 18:30〜
ENCOUNTERS