hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Who Let the Cats Out」Mike Stern

Who Let the Cats Out

Who Let the Cats Out

2003年の「These Times」以来3年ぶりのMike SternのNewアルバムです。参加ミュージシャンの顔ぶれは、Mike Stern(g)、Jim Beard(key)、Bob Franceschini(ts)、Bob Malach(ts)、Roy Hargrove(tp)、Richard Bona(b,voice)、Anthony Jackson(b)、Victor Wooten(b)、Meshell Ndegeocello(b)、Chris Minh Doky(b)、Dave Weckl(ds)、Kim Thompson(ds)、Gregoire Maret(harm) ...

アルバムの冒頭を飾るのは、今年1月の来日公演のオープニングナンバーとしても演奏された「Tumble Home」。ファンキーなフュージョンナンバーから、ボナのヴォイスを生かしたワールド風の楽曲まで、「Voices」以降のSternのアルバムの路線を踏襲しつつ、更に洗練させた感のある完成度の高いアルバムになっています。#04「Language」はBonaのヴォイスによる美しいメロディと、Sternのアコースティックギターストロークが絡み合い、どこかPMGを思わせる仕上がり。その上に乗るSternのソロはしっかりStern節ですけどもw 相変わらずのウネウネギターに、ノってくるとディストーションON!で弾きまくりなSternですが、分かっちゃいてもやっぱり「これだ」って感じですね。
本作はベーシストが4人、ドラマーが2人という豪華なリズム隊。現在のツアーメンバーでもあるChris Minh Dokyのアコースティックベースがいい味わいを醸しています。16シャッフルノリの「Tumble Home」をアコベで、というのはかなりカッコイイ! ドラムはお馴染みのWeckl先生に、女性ドラマーKim ThompsonがWecklよりも多い7曲で叩いています。彼女は最近のSternのお気に入りらしく、#02「KT」は彼女のイニシャルとのこと。近々彼のレギュラーバンドとして来日するかもしれませんね。ちなみにこの曲はベースがMeshell Ndegeocelloということで、女性リズム隊となっています。
そうそう、Methenyファンとしては2曲で参加している、ハーモニカのGregoire Maretの名前も見逃せません。#05「We're With You」ではSternのガットギターに、MaretのハーモニカとBonaのベースが寄り添い、幻想的で美しい世界を作り上げています。どことなくMethenyと思わせる牧歌的な雰囲気も。
最後になりましたが、プロデューサーを兼ねるJim Beardの的確なサポート(pf、Hammond、Clavinet etc...)は相変わらず素晴らしいですね。 是非ともレギュラーバンドに鍵盤奏者を入れて来日してくれないものでしょうかね…。 そういえば、JL誌の8月号の小曽根真さんのインタビューに、Sternとツアーをやるかも、なんて話がありましたがそれは見たいなぁ。(小曽根さん、ピアニストとして有名ですが、ハモンドもかなり凄い!)

    • -

JL誌の9月号にSternのインタビューがありましたねw Kim Thompsonはなんとビヨンセのツアーメンバーに選ばれたらしく、そういえば少し前にビヨンセが女性だけのバンドメンバーを公募するというニュースがありましたっけ。現在は、Gary Husband(今週末に別バンドで来日予定でしたが残念ながら中止)、その後のツアーはDave Weckl(&Chris Minh Dokyのトリオ)になるようです。
ビヨンセ、ツアーに向け女性バンド・メンバーを公募(barks)