hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Replay X3」Rush

Replay X3 (4pc) (Rmst Ac3 Dol Dts Box) [DVD]

Replay X3 (4pc) (Rmst Ac3 Dol Dts Box) [DVD]

Rushの旧作映像3作品をDVD化して更にボーナスCD(「Grace Under Pressure Tour」のCD化)を加えたBoxセットです。リージョンフリーの輸入盤ですが(Amazonは例の如くリージョン1表記)このボリュームで4.8Kはかなりお得なセット。 アルバム「Moving Picture」発表後の80年のツアーを収録した(一部ナレーション入りのライブドキュメント)「Exit Stage Left」、84年のアルバム「Grace Under Pressure」に伴うツアー「Grace Under Pressure Tour」、そして87-88年にかけて行われたツアービデオ「A Show Of Hands」という、どれもファンにはお馴染みの名作ライブ映像ですが、彼らが一番脂の乗ってた80年代初期、中期、後期の映像ですので、ファンならずとも非常にお得感のあるDVDセットと言えるでしょう。
音の方もリマスタリングによって、最近のものと遜色なく聴けるものとなってますし(というか音声レベルちょっと高すぎません?w)、映像は流石に当時のクオリティですが、彼らのファッションや使用楽器・機材など、様々に当時のRushを知るにのにもベストな映像作品です。

先日のRock Fujiyamaでマーティさんがアメリカ人は変拍子は取れない、的な冗談を言ってましたが、特に「Permanent Waves」以降のRushはポップでコンパクトなサイズの楽曲、複雑で高度な演奏とアレンジ、そして親しみやすいキャッチーなメロディのどれもを共存させ、時代に即した様々なアプローチを成功させて、この手の音楽にしては異例な程(?)長きに渡り絶大な人気を誇って来ました。更に90年代以降においても、彼らの類い希無い創造力は衰えることなく、30年を越えるそのキャリアを現在も最前線で走り続けているのは、近年の「Rush in Rio」や「R30」等を見ても明らでしょう。

いやー、しかしAlex Lifesonのギターは絶品ですね。独特の空間的なサウンドとアプローチはPoliceのAndy SummersやU2のThe Edge(恐らく2人の影響を受けてそう)らにも通じる所がありますが、タイムリーな所で(?)ジャズギタリストのKurt Rosenwinkelが空間的な表現において、Pat MethenyAllan Holdsworthらと並んでLifeson、Summersらの名前を挙げていた所などは興味深いですね。 まだスリムだった時代のAlexも必見です。Exit〜だけですがw  彼らの使用楽器は比較的良く変わるのですが、80年代は当時の多くのドラマー同様にキットにシモンズのエレドラを組み入れていたNeil Peartですが、現在はRoland(V-Drams)とエンドース契約を結んでいますね。