hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Toninho Horta」Toninho Horta

トニーニョ・オルタ

トニーニョ・オルタ

ブラジル、ミナスジェライス出身のコンテンポラリーギタリスト/ヴォーカリスト/コンポーザー、Toninho Hortaの80年発表の2ndアルバムで03年にCD再発されたものです。Pat Methenyが影響を受け、お互いにリスペクトし合う仲としても知られているToninhoですが、本作を聴くことで、80年代、ブラジル音楽への傾倒を見せていたPMGの作品(「First Circle」「Still Life」等)が彼やMilton Nascimentoらとの交流から、大きく影響を受けていていたのだということを感じることができます。本作にはPat Methenyがゲスト参加した「Prato Feito」も収録されています。
ブラジル音楽に明るくないので音楽的な内容を上手く説明することは出来ませんが、ボサノヴァから緻密なオーケストレーションをバックにしたヴォーカル曲、インストナンバー、ジャズギター、ソロギター曲と、どれも素晴らしいメロディとアンサンブル、そして彼のギターとボーカルに彩られたとても美しいアルバムです。
ギタリストとしても素晴らしいテクニックの持ち主ですが、そこだけに言及してしまうのが勿体ないと感じる程、トータルで素敵な音楽なので、下手な言葉を重ねるよりもシンプル(?)な紹介にとどめます。