hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Azure」天野清継

アズーリアズール。ギタリスト天野清継氏の、ブルーのジャケットが印象的な1stアルバム「Azure」です。僕がまだ高校生の頃でしたが、タイトル曲が本人出演のJTのCMソングになっていたので覚えてる人もいるかもしれません。当時の僕はまだJフュージョンなども聴いていて、続けて発売されたライブミニアルバムなども買った記憶があります。正直内容の方はぼんやりとしか覚えてないのですが(ライブ盤に「シュルブールの雨傘」があったかな)、当時天野氏とタッグを組んでいたピアニストの国府弘子さんが何かの雑誌で、Lyle Maysの大ファンだという話をしていたこと、そして天野氏の方も別雑誌にてPat Methenyの話をしていたことで、その2人の名前を意識するきっかけの1つになったことは覚えてます。
確か国分さんのインタビュー記事は、ギタリストとピアニスト(キーボーディスト)の関係というテーマで、Jeff Beck & Jan Hammerという所謂リードソロイスト同志の火花散るタッグ、そしてPat & Lyleという2組の関係を比べて例に挙げたものでした。国分さんは自分は後者の関係を理想とした鍵盤奏者でありたい、的な事を語っていたと思うのですが、当時の僕はバリバリのロック少年w Jeff & Janというのは正に理想的なギタリストと鍵盤奏者の関係でしたし、それに至る究極のアイドルがYngwie Malmsteen & Jens Johanssonでしたからね… PatとLyleはまだ眼中に無かったなぁw
って全然アルバムと関係ない話でしたが、一度だけ天野清継氏のライブを見に行った事があるのですよね。お台場の野外イベントだかでしたが、ビールばかり飲んでいたので、こちらもあまり記憶が…(ry