hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

TOTO Falling In Between Tour

東京国際フォーラム ホールA/17:00開演

思ってた以上に楽しめました。演奏は相変わらず素晴らしいですね〜、ボビキン以外は完璧でしたw というか、あの金玉オッサンはちょっと酷いですね、連番のごまヲタさんは昨日よりは全然声が出てたと言ってましたが、個人的にはそりゃねーだろ、というレベル。オープニングの「Falling In Between」冒頭のシャウトこそ良かったですが、そこで使い果たしたんじゃないのとw サポートギタリストのTony Spinnerに歌わせた方がどれだけ良かったか、、、「Pamela」や「Rosanna」「Isolation」では、「涙が止まらない放課後」を最初に横アリで聴いたときに近い殺意を覚えましたよw オリメン待遇でオールドファンには、存在だけで許せるのかもしれませんが、復帰後のボビキンは個人的に無しだなぁ…。(まぁ、ファギーやジョセフの歌を歌えというのもキツかろうですが)

と、それは兎も角、個人的には今回来日に不参加だったDavid Paichの穴を埋めるべくの活躍を見せてくれた、新メンバーのGreg Phillinganesに絶賛を送りたいです。歌の面ではPaichの存在が大きかったのでそこは残念でしたが、キーボードプレイにおいては、さすが数々の大舞台でのサポートワークをこなしてきただけあって、曲によってはPaich以上にオリジナルの再現を重視した厚みのあるアンサンブルを聴かせてくれました。個人的にああいう職人って好きなので、すっかりファンになってしまいました。
セットリストは新譜からのナンバーを各所に配置しつつ、往年のナンバー、そして一部定番曲が外されてましたが、「Isolation」や「The Seventh One」のナンバーが嬉しかったです。アンコールの「Home Of The Brave」などは全く想像してなかったので、「おぉぉぉぉぉ!」って感じでしたねぇ。(どうも周りからは「初期TOTO好きでしょ」と言われがちなのですが、個人的には5th〜7thがリアルタイムに近いので思い入れが強いのです)
そういえばルークのソロでは「I'm Buzzed」の1フレーズ弾いてましたね〜、フルでやってくれるのを密かに期待してたのですけどもw

とりあえずセットリスト。

2006.5.7 東京国際フォーラム ホールA
Intro / Falling In Between
King Of The World
Pamela
Bottom Of Your Soul
Caught In The Balance
Make Believe
Hold The Line
Stop Loving You (accoustic)
I'll Be Over You (accoustic)
Cruel (accoustic)
I Will Remember (accoustic)
Greg keyboard solo
Rosanna
Let It Go
〜Band introduction〜
Endless
Isolation
Gift Of Faith
Kingdom Of Desire
Luke solo
Hydra(Simon drum solo)
Taint Your World
I Won't Hold You Back
Girl Goodbye
〜1st Encore〜
Home Of The Brave
〜2nd Encore〜
Africa

つづけ(?)