hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Document Live 2000」Karizma

Document Live 2000

朝からカリウタさんの動画など見てしまったので、こいつを聴いて出勤。David Garfield率いるLAフュージョンの雄、Karizmaのライブアルバムです。

KarizmaはGarfield以外のメンバーがコロコロ変わるバンドで(ガーフィールド、ランドゥ、カルロス・ヴェガ、レニー・カストロが主要メンバーかな?)SaxやPercussionの入った編成も多いのですが、このライブ盤でのメンバーはDavd Garfield(key)、Michael Landau(g)、Neil Stubenhaus(b)、Vinnie Colaiuta(dr)の4人だけというスッキリ編成。同じ編成で、こちらもDavdの所属するLos Lobotomys(ギターはLuke)がロック色の強いテクニカルフュージョンなのに対して、Karizmaの方がJazz的な要素が強いかな?(どちらもバカテクなのには変わりないですけども)
収録曲はKarizmaのナンバー以外にDavid Garfield & Friends名義の 「Tribute To Jeff」収録のナンバーや、ランドゥさんのソロアルバム「Tales From The Bulge」から、そしてWeather Reportのカバー、、、といった具合で、4人というシンプルな編成から生まれるアグレッシブなライブ演奏を存分に楽しめる内容になっています。当然インプロビゼイションの比率も高く、収録曲のどれもが10分前後となっている所からもそれは伺うことができます。
中でもランドゥさん弾きまくりの印象が強いのも(メロディ楽器がギターと鍵盤だけなので当然ソロ比率も高い)ファンとしては嬉しい所。Davdもシンセよりピアノ多めのジャジーなアプローチが多く(この辺もロボトミとの違いかな)、得意のラテンタッチなピアノがご機嫌。Vinnieさん、Neilさんも相変わらずですし、、、、って、そういえばユーミンステラボールライブのバックでこの2人とDean Parksが弾いてるのがありましたが、Dean Parksも初期のKarizmaで弾いてたことありますよねw