hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Asian*ergy」Jack Lee

ジャック・リー
お隣は韓国のギタリストJack Leeの先日発売されたばかりのNewアルバム。90年代からN.Y.を拠点に活動していたギタリストで、ソロアルバムも何枚か出しているようですが、このアルバムが日本でのデビュー盤。僕も今回初めて耳にすることとなりました。パーソネルはJack Lee(g, b)、Norihito Sumitomoewi, ts, key)、Charles Bkenzig(pf, key)、Lewis Pragasam(ds, perc)、Bobby Singh(tabla, perc)、Suphala(voice, tabla)、そしてゲストとしてToninho Horta(a.g, perc, voice)が4曲、Dave Grusin(pf)、Harvey Mason(ds)、Melvin Davis(b)らが2曲で参加しています。

Pat Metheny、Toninho Horta、John McLaughlinなどからの影響を強く受けているという前評判は聴いてましたが、予想通りというか聴けば一目瞭然のサウンド。アルバム冒頭を飾る「Scenes From The Past」はブラジリアンなリズムとアコースティックギターストロークで幕を開け、そこに切り込んでくるクリーントーンのメロディはまさにアレを彷彿とさせるものw フレージングの違いなどで気づくとはおもいますが、何も知らずにラジオから流れて来たら、僕などは勘違いしてしまうかも。PMGライクなフュージョンワールドミュージックっぽい雰囲気の音楽ですがセブンイレブンのBGM的(あれは論外かw)な物真似にはならずに、曲としてとても心地良いのはメロディが良いのだろうなぁ。ソロのフレージングも気持ちがいいですね。
続く壮大なスケール感の「An Episode Of Journey」はギターにEWIのメロディも絡み(これがまたギターシンセっぽいw)、こちらもメロディの美しい曲。 これぞフュージョン的なゴリゴリのサウンドから、インドなどのアジアンなテイストを含む、オリエンタル寄りな楽曲まで、聴き応えのある幅広い世界観を楽しむことができます。ゲストのToninho Hortaのボッサギターとボイスが印象的な「All Of Those Things」では、Lyle Mays風のシンセとか登場してうわぁあ…w ってそれはいいとして、Norihito SumitomoによるSaxがアルバム全編に渡って良いアクセントになっています。

人によって評価が分かれそうな気もしますが、個人的には結構気に入りました(ギタリストとしてというよりは曲が好み)。他のアルバムも聴いてみたくなります。(Toninho Hortaや伊藤たけしのアルバムにも参加しているようですね)  しかし、何故にギターがIbanezのメセニーモデルなんだろう?w