hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Concerto Grosso 1&2」New Trolls

コンチェルト・グロッソ1&2
来月、驚愕の初来日公演を行うイタリアのプログレッシブロックバンド、New Trollsの1971年と1976年発表の2枚のアルバムを1枚にまとめた企画盤(2枚組では無い)。狙い澄ましたような発売でしたが、「Concerto Grosso 2」が未聴だったので、個人的に丁度いい予習盤になってます。前半の「Concerto Grosso Per1 New Trolls」はイタリアンプログレをかじった事がある人ならばお馴染みの名盤(?)で、レコード時代のA面4曲は組曲形式のオーケストラを全面的に導入した、叙情的なビバルディ的バロック色満載のクラシカルロック。B面相当の「Nella Sala Vuota」は1曲20分を越すロックナンバーで、こちらはオーソドックス(?)にインプロヴィゼイションを多分に盛り込んだプログレ曲となっています。
そして6曲目からの5曲が「Concerto Grosso 2」にあたり、お目当てはむしろこちらだったのですが、1に比べるとオーケストラサウンドは控えめでシンセサイザーの導入がかなり目立っています。バンド色は強くなっていますが、相変わらず叙情的で美しいメロディにボーカルハーモニー、アンサンブルは健在。1を初めて聴いた時のようなインパクトはありませんが、1〜2と70分通して聴いても全然平気です、、、て「平気」ってなんだw
それにしても、この大作アルバムが生ストリングスを交えて目の前で再現されるというのは、熱心なファンとは言えない僕も楽しみで仕方ありません。あとNew Trollsといったらやはり「NT」かなぁ…。