hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Hammond Homage1 : Lucio Battisti」Beppe Crovella


先月行ったC3の会場で買ったCD/DVDが全くの手つかずだったことを思い出したので、まずはこれから。Arti+Mestieriのオリメンであり、中心人物でもある鍵盤奏者、Beppe Crovellaの98年発表のソロアルバムです。タイトルにもある通り、ハモンドオルガンによる演奏をメインにフィーチャーした作品ですが、アコピやエレピ、シンセサイザー等の演奏も盛り込まれたキーボード満載なアルバムです。パーソネルはBeppe Crovella(key)、Slep(g)、Franco Rivagli(g)、Giocanni Faga(b)、Mark Shulman(dr)等々…。
収録曲のどれもが3〜4分程度のコンパクトな楽曲で占められて、インプロヴィゼイションを必要以上に盛り込むこともなく、テーマやメロディのハッキリとした曲が多くを占めているので、非常に聴きやすいものとなっています。ジャズロック調の熱いハモンドプレイから、いかにもイタリアの音楽家らしい(?)ロマンチックなメロディのバラード、ループリズムを取り入れた曲まで、その幅広い音楽性と卓越した演奏技術を聴かせてくれます。
と、紹介してみるのはいいのですが、これって普通に買えるものなのでしょうかね? Garden Shedとか目白World Disqueに行かないと買えないとか、ハロプロとは比較にならない敷居の高さですが、、、まぁいいかw 個人的にBeppeのプレイスタイルはかなり好みで、非常に勉強になりますし、聴いていると無性にNEを弾きたくなってしまうのです。(で、自分にぎゅ〜!したくなる…orz)