hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「VIGOROUS」坪口昌恭

Vigorous
昨年末にPONなどのCDを引っ張り返して紹介したのは、このCDを聴いたのがきっかけでした。HMVの邦楽ジャズコーナーで偶然見かけて、懐かしくなって買った1枚。坪口昌恭さんのNY録音でのソロプロジェクト第一弾「VIGOROUS」でし。第二弾の「ANDROGRAFFITI」がつい先日発売されたばかりですが、まずはこちらから。
メンバーはMasayasu Tzboguch(key)、Yosvany Terry Cabrera(ss, ts)、Micheal Rodoriguez(tp)、Charles Flores(b)、Pedro Martinez(perc)、Horacio "El Negro" Hernandez(ds)。NYのキューバー系ミュージシャンとのベーシックレコーディングを海外で行い、その後東京でシンセ等のオーバーダブを加えた作品のようです。
Return to Forever的?なエレクトリックジャズにアフリカン&ラテンなリズムと何処かオリエンタルな色合いをミクスチャーした雰囲気、と一言にしてしまうのは少々乱暴ですが、あくまでイメージということで。坪口さんはアコースティックピアノ以外に、RhodesHammond、各種アナログシンセなども演奏しています。
どの曲も坪口さんの独特のポップセンスが溢れていて、難解なアンサンブルやポリリズム的なアプローチも各所で登場するのですが、それを感じさせない柔らかな仕上がりとなっています。(もちろん万人受けするポップさではありませんけどもw) メロディなのかハーモニーなのか、この人の描く曲はどこか田園風景を思い起こさせるような懐かしさがあって、ホッとするのですよね。
思わず踊り出したくなるPercussion含めたリズム隊のグルーブが最高に気持ちいいのと、Yosvany Terry Cabreraの流れるようなメロディックなSaxが個人的に気に入りました。