hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Another Mind」Hiromi(上原ひろみ)

Another Mind
米バークリー在学中にTelarcレーベルからデビューした逆輸入アーティスト上原ひろみ。ずっと興味はあったのですが、昨年発表の「Spiral」(3rd)を聴いて気に入ってしまい、一気に揃えてしまいました。本作は2003年のデビューアルバム、新人とは思えない(新人だからこそ?)の勢いに溢れた熱いプレイを聴かせてくれます。パーソネルはHiromi(pf, key)、Mitch Cohn(b)、Dave DiCenso(ds)、Anthony Jackson(b)、Jim Odgren(as)、Dave Fiuczynski(g)。ピアノトリオを基本にして、ゲストにSaxとGuitarが参加といった感じです。現在のレギュラートリオである、Tony GreyとMartin Valihoraは2ndからの参加のようですね。
ジャズと言ってもいわゆる4ビートやビバップではなく、ノリはフュージョンジャズロックプログレッシブロック、ファンク的な雰囲気も多分に含んだ音楽になっています。デビューアルバムにして、全曲オリジナルというのも熱いです。
1曲目の「XYZ」から変拍子炸裂のハイテンションナンバー。ベースとユニゾンして疾走する9/8拍子のオスティナートはELPの「TARUKUS-Eruption-」を彷彿とさせます。これ一発録りだろうなぁ、、、うーん、凄い。
SaxやGuitarが加わり後半ではピアノソロが加速度的に展開する「Double Personality」は11分の壮絶ナンバー、テーマに戻るとGRPフュージョンみたいなのですけどもw 緩急の効いたナンバーを挟んで、ファンキーなシンセクラビ風のテーマの「010101」、シンセリード(シンセクラビと同じ音色かな。Nord Lead2でしょうか)のソロでは「熊蜂の飛行」も登場。リリカルで美しいメロディの「Truth And Lies」、豪快かつテクニカルなラテン調の「Dancando No Paraiso」、タイトル曲の「Another Mind」はシンフォ系プログレを彷彿とさせるドラマチックな展開が印象的です。ボーナストラックの「The Tom And Jerry Show」では見事なラグタイムの腕前も披露。仲良く喧嘩しな〜♪

一応ジャズのフォーマットには収まっているものの、彼女自身のインタビューからフェイバリットとしてプログレバンドやJeff BeckにZappa、スライにジャニス、果てはDream Theaterのようなメタルバンドの名前までポンポンと出てきますし、やりたい音楽をのびのびと存分に演奏してる雰囲気は、聴いていてとても気持ちいいですね。今年は是非ライブでも見てみたいものです。

    • -

ちなみに本作は日本盤がUniversalから出てますが、輸入盤に紙1枚かぶせただけのものですw