hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Rendezvous」Michel Camilo

Rendezvous
ドミニカ共和国出身のピアニスト、Michel Camiloの'93年の作品です。メンバーはMichel Camilo(p)、Anthony Jackson(b)、Dave Weckl(dr)のピアノトリオのフォーマット。
Michel CamiloはドラマーのDave Weckl経由で聴くようになったのですが、ラテン味溢れる情熱的でダイナミックな演奏と凄まじいテクニックに一発でファンになってしまいました。このアルバムはピアノトリオによる録音ですが、そのスピード感と決まりまくるキメはジャズというよりフュージョン的な一面も。Dave Wecklの輪郭のハッキリしたタイトなドラムは相変わらず気持ちの良い抜けのいい音で録音されてますし、Foderaのコントラバスギターを操るジャバ・ザ・ハットことAnthony Jackson(ジャバみうなw)、この人はアップライトを弾かないエレクトリックベーシストですが、その立ち上がりの速い音色と切れ味鋭い演奏がこのバンドのサウンドに見事にマッチしています。
超絶技巧という言葉に敷居の高さや拒否感を感じる人もいるかもしれませんが、Camiloの曲は決してマニアックでは無く、コミカルな一面や明るくポップなものが多いので、非常に聴きやすいと思います。理屈抜きでカッチョイイゼな一枚。「As One」の高速変拍子には目眩をおこしそうです、くらくらしちゃう私。