hello! progress!!

音楽ネタ中心に書いてます

「Birdland」Manhattan Jazz Orchestra

バードランド~MJO結成15周年記念
マンハッタン・ジャズ・オーケストラ
ビデオアーツ・ミュージック (2004/10/27)
売り上げランキング: 20,124

「マンハッタン」で「バードランド」と言ったら、マントラことManhattan Transferでしょ!というのもありますが、今回はマンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)です。Manhattan Jazz Quintet(MJQ)と共に、デイブ・マシューズが率いる日本向けの企画モノバンド、というイメージの強いMJOですが、今回はそんなことはどうでもいいですw
こちらは昨年発売の現在の所の最新アルバムで、誰もが一度は耳にしたことがあるような有名な曲ばかりが収められてます。(ファンのリクエストによる選曲だそうです) オープニングはアルバムタイトルにもなっているWeather Reportのカバー曲、WRのオリジナルやマントラの印象が強いので、僕などはテーマがどうもかったるく聞こえてしまうのですが、中間部に4ビートを挟むアレンジはなかなかカッコイイです。この曲をアマチュアブラスバンドが演奏するのはお約束ですが、たいていどれも野暮ったくてあまり格好良く無いんですよねw そういったものから比べたら(比べるのも失礼ですが)、アレンジも演奏も流石と言った所。他にもWR〜ジャコ絡みの「The Chicken」「Dania」に、スタンダードの「Take Five」、EW&Fの「September」のカバーなどが収められています。ラストの「Sing Sing Sing」は昨年ヒットした映画スウィングガールズを意識した選曲でしょうか、ウマイなぁw
MJOは(というかデイブ・マシューズが)ジャズのスタンダードからお馴染みのポップスナンバー(ChicagoにBS&T、EW&FBeatles…)、バッハにストーンズと様々なジャンルの楽曲を、見事にビッグバンドジャズのアレンジに仕立て上げてくれるので、こういった音楽に馴染みの薄い人にも取っつきやすい音楽だと思います。